DSpace
Nara National Research Institute for Cultural Properties 
 Advanced Search
日本語

Nara National Research Institute for Cultural Properties Repository >
010 奈良文化財研究所紀要 >
2002 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
BA67898227_2002_016_017.pdf150.16 kBAdobe PDFView/Open
Title: 009 年輪年代から見た古墳時代の始まり
Other Titles: Beginning of the Kofun period from the standpoint of dendrochronology: An analysis of wooden artifacts unearthed from the Katsuyama mounded tomb
Authors: 光谷, 拓実
みつたに, たくみ
Mitsutani, Takumi
Keywords: 年輪年代
古墳時代
勝山古墳
出土木材
Issue Date: 14-Jun-2002
Publisher: 独立行政法人文化財研究所 奈良文化財研究所
Citation: 奈良文化財研究所紀要、2002、pp.16-17
Abstract: 2001年に奈良県立橿原考古学研究所によっておこなわれた勝山古墳第4次調査の第l調査区のくびれ部付近周濠埋土内から多くの材tが出土した1)。これらは、墳丘側から一括投棄された状況で出土したもので、おもに柱材や板材の断片である。これらの中からヒノキ材で、年輪が100層以上あると思われるものを4点選定した。 これ以外に、第2次調査(1998年度)で出土したヒノキの柱根1点を加え、総数5点について年代測定をおこなった。以下にその概略を報告する。
URI: http://hdl.handle.net/11177/245
Appears in Collections:2002

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11177/245

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace