DSpace
Nara National Research Institute for Cultural Properties 
 Advanced Search
日本語

Nara National Research Institute for Cultural Properties Repository >
090 研究集会報告書 >
2014年度 >
計画の意義と方法 ~計画は何のために策定し、どのように実施するのか?~ >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
BB17772155_147.pdf1.85 MBAdobe PDFView/Open
Title: 018 コラム荘園遺跡と文化的景観 ―パネル展開催から考えたこと―
Other Titles: Archaeological Site and Cultural Landscape in Hine-no-sho, Izumisano City, Osaka Pref. –a short report from the Exhibition, Forum and Symposium
Authors: 東原, 直明
ひがしはら, なおあき
Higashihara, Naoaki
Keywords: 荘園遺跡
日根荘遺跡
雨山城跡
農村景観
慈眼院多宝塔
大阪府立弥生文化博物館
Issue Date: 25-Dec-2014
Publisher: 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所 文化遺産部遺跡整備研究室・景観研究室
Citation: 平成25年度遺跡整備・景観合同研究集会報告書、p.147
Description: 平成26年(2014)1月24日(金)及び25日(土)に、平城宮跡資料館講堂において開催した。
URI: http://hdl.handle.net/11177/2876
ISBN: 9784905338451
Appears in Collections:計画の意義と方法 ~計画は何のために策定し、どのように実施するのか?~

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11177/2876

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace