DSpace
Nara National Research Institute for Cultural Properties 
 Advanced Search
日本語

Nara National Research Institute for Cultural Properties Repository >
010 奈良文化財研究所紀要 >
2010 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
BA67898227_2010_064_065.pdf2.33 MBAdobe PDFView/Open
Title: 034 檜扇の製作に関わる新知見
Other Titles: Some discoveriesof the technique in making folding funs
Authors: 国武, 貞克
くにたけ, さだかつ
Kunitake, Sadakatsu
吉岡, 直人
浅野, 啓介
あさの, けいすけ
Asano, Keisuke
Keywords: 檜扇
宝亀年間の衛府
檜扇の骨の製作方法
接合資料の樹種同定
檜扇の骨の綴じ方
「和名阿布岐」
Issue Date: 15-Jun-2010
Publisher: 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Citation: 奈良文化財研究所紀要、2010、pp.64-65
Abstract: 2008年度におこなわれた平城宮跡東方官街地区の発掘調査(平城第440次調査)により、東西約11m南北約7mの土坑(SK19189)から宝亀年間の衛府に関わる木簡が多数出土したが、木製品も多数出土した(『紀要2009』)。これらのうち檜扇が現在までに14個体以上確認されており、貴重な資料として注目されている。閉じた束の状態で出土したものが多く、遺存状態の良さから、製作や廃棄に関わる情報が得られることが予測された。そのため、製作と廃棄に関わる情報を多角的な視点か ら得ることを目的として、様々な分析をおこなった。今回は檜扇の製作に関わる新知見を述べる。
URI: http://hdl.handle.net/11177/484
ISSN: 13471589
Appears in Collections:2010

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11177/484

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace