DSpace
Nara National Research Institute for Cultural Properties 
 Advanced Search
日本語

Nara National Research Institute for Cultural Properties Repository >
090 研究集会報告書 >
2019年度 >
史跡等の保存活用計画-歴史の重層性と価値の多様性- >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
BB3070547X_141_150.pdf2.41 MBAdobe PDFView/Open
Title: 019 Ⅲ 関連論考 2.史跡等保存活用計画における留意すべき構成要素について
Authors: 内田, 和伸
うちだ, かずのぶ
Uchida, Kazunobu
Keywords: 復元建物
移築建物
史資料
史跡等整備のてびき
植栽
Issue Date: 16-Mar-2020
Publisher: 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所文化遺産部遺跡整備研究室
Citation: 平成30年度遺跡整備・活用研究集会報告書、pp.141-150
Description: 本報告書は、平成30年(2018)12月21日(土)に奈良文化財研究所平城宮跡資料館講堂において開催した平成30年度遺跡整備・活用研究集会“史跡等の保存活用計画ー歴史の重層性と価値の多様性ー”に関する報告書である。
URI: http://hdl.handle.net/11177/7755
ISBN: 9784909931245
Appears in Collections:史跡等の保存活用計画-歴史の重層性と価値の多様性-

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11177/7755

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace