DSpace
Nara National Research Institute for Cultural Properties 
 Advanced Search
日本語

Nara National Research Institute for Cultural Properties Repository >
090 研究集会報告書 >
2018年度 >
史跡等を活かした地域づくり・観光振興―平成29年度 遺跡整備・活用研究集会報告書― >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
BB27450643_059_064.pdf679.02 kBAdobe PDFView/Open
Title: 008 Ⅰ 講演・研究報告 5.彼岸花の里づくりプロジェクト事業の現状と課題-国史跡上淀廃寺跡を彼岸花の咲く丘に-
Other Titles: Ⅰ Lectures and Research Reports 5. Current Status and Issues of the Higanbana (Red Spider Lily) Town Development Project
Authors: 長谷川, 明洋
HASEGAWA, Akihiro
Keywords: 妻木晩田遺跡
向山古墳群
彩色仏教壁画
ボランティア
植栽事業
Issue Date: 10-Dec-2018
Publisher: 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所文化遺産部遺跡整備研究室
Citation: 平成29年度遺跡整備・活用研究集会報告書、pp.59-64
Description: 本報告書は、平成29年(2017)12月22日(金)に奈良文化財研究所平城宮跡資料館講堂において開催した平成29年度遺跡整備・活用研究集会“史跡等を活かした地域づくり・観光振興”に関する報告書である。
URI: http://hdl.handle.net/11177/6911
ISBN: 9784905338956
Appears in Collections:史跡等を活かした地域づくり・観光振興―平成29年度 遺跡整備・活用研究集会報告書―

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11177/6911

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace