DSpace
Nara National Research Institute for Cultural Properties 
 Advanced Search
日本語

Nara National Research Institute for Cultural Properties Repository >
090 研究集会報告書 >
2020年度 >
歴史的脈絡に因む遺跡の活用 -儀式・行事の再現と地域間交流の再構築- >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
BC06318044_115_118.pdf5.33 MBAdobe PDFView/Open
Title: 015 Ⅱ 事例報告 5.和歌山市の文化財を活かした歴史体感プログラム
Other Titles: Ⅱ Case Studies 5. The Historic Experience Program Utilizing Cultural Properties of Wakayama City
Authors: 冨永, 里菜
Tominaga, Rina
Keywords: 史跡和歌山城
紀州徳川家
南紀徳川史
消防出初式
大名行列
Issue Date: 31-Mar-2021
Publisher: 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所文化遺産部遺跡整備研究室
Citation: 令和2年度遺跡整備・活用研究集会報告書、pp.115-118
Description: 本報告書は、令和2年(2020)10月16日(金)に奈良文化財研究所大会議室において開催した令和2年度奈良文化財研究所遺跡整備・活用研究集会“歴史的脈絡に因む遺跡の活用 ―儀式・行事の再現と地域間交流の再構築― ”に関する報告書である。
URI: http://hdl.handle.net/11177/9536
ISBN: 9784909931498
Appears in Collections:歴史的脈絡に因む遺跡の活用 -儀式・行事の再現と地域間交流の再構築-

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11177/9536

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace